車が急きょ故障したとき予想外な見積金額が出たとき(車の維持費)

趣味も仕事も車です。収入は低所得者層に入るのですがどうしても車だけは手放すことが出来ません。
今は昔で言う高級車、10年までの車を所有していますが、今の車と違い燃費が4リッター位しか走りません。
ですのでガソリン代はかなりかかります。
お金が必要になるときは、そんな古い高級車を所有しているため故障してもとんでもない金額が見積もられます。
エンジン警告灯が消えなくなったときコンピューターの故障で給料日前に1万、一週間でまた調子が悪くなり再度診断で
6千円。
当て逃げでバンパーの角を板金塗装、5万円。
車検の時は見積もりで15万は飛んでいきます。もちろんそれに備えて普段から貯蓄をするように心がけていますが
急きょというときにはまず、食費を1日200円に設定。寒くても暖房はつけなかったりと工夫します。
最悪の場合は必要なものなのにオークションで売って修理代をかき集めています。
なぜキャッシング等をしないのかというと、金利を考えたら何か買えるくらいの金利がかかるからです。
今払えないものを翌月に払える自信なんてありませんから今までそうして工夫してきました。
いるものを売ってしまってもまたお金が出来たら買えばいいという考えです。
金利はどうしても払いたくない頑固なやり方で通してきました。